三菱自動車をディスってるのは日本人だけ※頭おかしい

 
三菱自動車をディスってるのは日本人だけだと思いますね。
世界に目を向ければ分かるはずです。

まず燃費至上主義なのは日本だけでしょう。
燃費が大事なのは確かなのかもしれませんが、自動車メーカーが燃費競争しているなんて日本くらいなもの。大事なのはそこでしたっけ???

大体カタログ燃費を競争しているだけなので、普通のユーザー側からするとはぁ?って感じがします。
カタログ燃費が良くても何の意味もないのは当然でしょう。

プリウスを出すのは悪いですが代表として例に出します。
カタログ燃費はついに40KM/L超えているんですね。
しかし実際の燃費は20KM/L前半です。

これ知らない人が買っているんですよ。
で、ついこの前までプリウスが一番日本で売れていました。
その前はトヨタアクアです。

いずれもハイブリッドで燃費が最高の車。
どれだけ日本人が燃費燃費言う割に燃費についてよく分かっていないかがよくわかります。
ガソリン車と実際の燃費はそんなに変わらない車種も多いんですよハイブリッドは。

それなのに高い金出して買う訳ですからね。
そこで三菱の燃費偽装問題が来て信頼性を無くしました。

今は三菱車は社員しか買っていないと揶揄されています…。

三菱の問題はやる気ないことか?


そうですね、三菱の問題はやる気ないところもあるかなっていう。
三菱の自動車で最近ヒット車があるかと言われればありません。
古くはパジェロがありましたがこちらは今トヨタのランクルに圧倒的な差を付けられていてパジェロはアジアの新興国で支持されてる車なんでしょう。

対してランクルはありがたくない話かもしれませんが、中東の戦場でもよく出てきます。正確にはランドクルーザーではないにしてもトヨタのSUVが圧勝しています。

また三菱といえばランサーエボリューションですがこちらもモデル廃止になっています。
かつてはランエボかスバルインプレッサ(現:WRX)かと言われましたが今はスバルしか生き残っておりません。

今の三菱って何かといえば三菱グループの協業でやっている電気自動車くらいでしょうか。
アウトランダーPHEVは三菱電機の太陽光システムなどを組み込んだ住宅で充電できる車となっております。

まるっと三菱に浸れるオールインワン的な商売なんですね〜。

しかしそんな車しか目立ってないです。
他にも三菱車はあるものの問題を起こした軽自動車や売れないSUVなどもう駄目なんじゃないのか?と日本では見られています。

世界ではそうでもない?


燃費偽装問題なんて日本だけの問題です。
ちょっと間違った、いじったということは問題でしょうけど実際に乗って何か問題あるのか?
他の車と横並びの実際の燃費ですし、特別三菱車が高い訳でもないですし、一体何が問題だったのかというところでしょう。

嘘を極端に嫌うという今の日本社会では偽装問題は致命的とも言えるでしょう。
しかし大した問題じゃねえよなっていうのは本音です。

世界ではそんな問題は誰も知らないし相変わらず堅調に三菱車は売れているそうです。
台数的にはそんな多くはないでしょうが。

今オススメできる三菱車とは?


これはあるのかなと思いました。
デリカはマニアックな車だしアウトランダーPHEVもマニアックです。
かと言ってパジェロなんて到底考えられないでしょう。

ということは売る車を持ってないのが現状でしょう。
ちょうどよい車がない、一定のマニア用の車しか販売店に無い。
カタログ燃費を壮大に盛ったハイブリッド車がないのは不幸中の幸いでしょうか。

三菱は余りにも売れないので値引きが大きいそうです。
弱ってる三菱に行って大幅値引きさせるのも何だか気の毒な話ですよね…。

車を売るなら買取査定も試そう


車買取 富山